あたしの前に現れたのは…


Prologue






崖に当たった荒波が
白波を立て


風の音が耳の中に鳴り響く






「もう…終わりにしよう」




あたしの頬を
一筋の涙が伝い





あたしは足を一歩踏み出した・・・

← 

Bkm
/2 n




⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ook


top